東京で有料老人ホームを選ぶ際の注意点やおすすめ施設の口コミや評判を比較してまとめました。

有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いと特徴を徹底解説!

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/03

老人ホームには色んな種類がありますが、大きく分けると、「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」があります。これらは、国内の老人ホームでも代表的な部類になっていますが、どんな違いがあるのか分からない方も多いことでしょう。ここでは、この有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いや各々の特徴を解説します。

「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」の主な違いや特徴

■有料老人ホーム
有料老人ホームは、民間企業によって運営されている老人ホームで、主にタイプは介護付き、住宅型、健康型などの3種類に分類されています。生活支援サービスは特養と同様にあり、それに加え施設独自のサービスを展開するところも少なくありません。入居金や月額費用はピンキリで、安価なところも富裕者層向けのところもあります。特養と比べると、待機者数が少なく、比較的入居しやすいと言えるでしょう。

■特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム(特養)は、社会福祉法人や地方自治体などによって運営されている老人ホームです。65歳以上の高齢者で、要介護度3~5(中~重度)の方が優先的に入居できるのが特徴。居室は従来型とユニット型の2タイプに分かれています。入居金や月額費用が比較的安いため、待機者が多く、その人数は40万人に上るのだとか。そのため入居にまでかかる期間は早ければ数ヶ月、場合によっては数年かかることもあるようです。

■比較の目安となるポイント
有料老人ホームと特別養護老人ホームの比較の目安となるポイントは、入居条件、コスト、居室のキャパシティ、サービスといった要素です。特養は入居条件が要介護度の高い高齢者に限定されており、コスト的にも安い傾向となっています。有料老人ホームの居室は基本的に個室で、特養は従来型の個室と多床室(2~4名)を提供。

また、特養のサービスは、食事・入浴・排泄などのサポートや健康管理を行い、施設によってはかんたんなリハビリやレクリエーションを実施していますが、有料老人ホームは、それらに加え、より独自的なサービスを展開しています。

有料老人ホームの入居条件

有料老人ホームの入居条件は、介護付き、住宅型、健康型などのタイプによって異なります。介護付きの場合、65歳以上の高齢者が原則となっており、要介護者メインの介護専門型だと要介護度1から入居可能です。

自立の方も対象に含まれる混合型であれば、自立~要介護度5まで、幅広く対応しています。混合型の施設には、入居時自立型というタイプもあり、ここでは入居時に要介護度認定を受けていないことが条件です。

住宅型だと、60歳以上の自立~軽度の要介護の方が対象健康型も同じく60歳以上の方を対象としていますが、要介護状態でない方に限定しています。

ちなみに、有料老人ホームでも介護度が高い方が入居できるケースがありますが、そうではない施設に入居した場合、介護度が上がっていくことを想定し、介護付き有料老人ホームへの転居も検討することをおすすめします。

特別養護老人ホームの入居条件

特別養護老人ホームの入居条件については、簡単に先述しましたが、もう少し詳細があるので見ていきましょう。特養の入居条件は、以下の3つのうち、1つでも該当している方が対象となります。

「要介護度3以上・65歳以上で、感染症などの医療措置が必要でない方」

「要介護度3以上・特定疾病が認められている40~64歳以下の方」

「特例で入居が認められた要介護度1~2の方」

特定疾病には、初老期における認知症、末期がんや関節リウマチなど、16種類の病が該当しており、基本的に心身の加齢現象に医学的な関係性が認められる疾病を指します。

ちなみに、特例として認められるのは、次の通りです。認知症、知的障害・精神障害、虐待の疑いがある、日常生活に支障を来す症状を持つ、自宅の生活で心身の安心・安全の維持が難しい、家族や地域内からの支援が難しいといったケースになります。

まとめ

有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いや特徴についての解説は、ここまでとなります。比較してみると、運営母体や要介護度、費用、待機者、居室、サービスの内容など、さまざまな相違点が見られます。

特養は終身利用できるため、一旦入居すれば転居の必要がありませんが、有料老人ホームの場合は、施設によって方針が異なります。看取りなど最期のことも考えるのであれば、有料老人ホームの検討は慎重に行いましょう。

特養は看取りもしてくれるので、転居の手間はありません。しかし待機者が多いのがネックなので、多くの場合は有料老人ホームに行くことが現実的となるでしょう。

有料老人ホームランキング!

商品画像12345
商品名コンシェール徳丸アライブ目白トラストガーデン本郷ウェルケアガーデン馬事公苑アリア等々力
入居時の要件原則65歳以上
自立、要支援、要介護
原則70歳以上
要支援、要介護
原則65歳以上
自立、要支援、要介護
原則65歳以上
自立、要支援、要介護
原則65歳以上
自立、要支援1・2、要介護1~5
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
有料老人ホームランキング!
アライブ目白の画像
アリア等々力の画像
記事一覧
【エリア別】おすすめ介護付き・有料老人ホーム3選