東京で有料老人ホームを選ぶ際の注意点やおすすめ施設の口コミや評判を比較してまとめました。

有料老人ホームでリハビリや機能訓練は受けられる?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

有料老人ホームに入居するにあたり、リハビリや機能訓練がしっかり受けられることが望ましいです。規則的に体を動かすことができますし、いつでもプロの指導員の下で効率的な身体機能の改善ができるという安心感もあります。ここでは、リハビリと機能訓練の違いを説明しつつ、リハビリ・機能訓練を受けられる有料老人ホームについて解説します。

リハビリと機能訓練の違い

■リハビリとは医師の指導で行う「機能の維持・回復」の訓練
リハビリは、「全人的復権」という意味を持っており、心身機能に留まらず、その人が人間らしく生きられるための、すべてのことを指しています。機能訓練は介護保険法の枠に収まっている言葉なので、リハビリの方がより広い意味の言葉となるでしょう。もう少し具体的な例で言うと、医師の指導の下、理学療法士や看護師などの専門職員が行う、機能の維持・回復のための治療行為が、リハビリに該当します。

■機能訓練は機能訓練指導員が主導する「機能の改善・減退防止」の訓練
機能訓練という言葉自体に、ハッキリとした定義はありませんが、介護現場などで国家資格を持つ機能訓練指導員の主導の下に行う、身体機能改善を目的とする行為が機能訓練とされています。機能訓練指導員となるには、正看護師、准看護師、理学療法士、柔道整復師、作業療法士、言語聴覚士、按摩・マッサージ指圧師といった国家資格を有していることが義務付けられています。

■介護の世界ではリハビリと機能訓練を分けていない風潮に
どちらかといえば、機能訓練よりもリハビリという言葉の方が認知度も高く、同義語として扱っている介護サービスが多いのが現状です。医師が始動する両方は、基本的に「医療リハビリ」にあたるといえます。行政指導で、それ以外の行為を機能訓練と呼ぶように指導が入ることもありますが、リハビリという言葉が独り歩きしており、介護の世界でも機能訓練をリハビリと呼ぶ風潮になっているようです。

リハビリ・機能訓練を受けられる有料老人ホーム

■在宅復帰を目指す「介護老人保健施設」
介護老人保健施設(老健)は、在宅復帰を目指す高齢者向けの、食事や入浴、排泄などの日常生活上のリハビリ・機能訓練を行う介護施設。主に医療ケアなどが必要となる、要介護状態の65歳以上の高齢者が対象となります。それぞれの利用者に合わせたプログラムを、医師や専門スタッフが提供し、看護師も24時間体制で常駐する施設も多々あります。在宅復帰を目指すため、入居期間は、およそ3~6ヶ月としていますが、改善状況や自宅の受け入れ態勢から、予定よりも長く留まるケースも見られます。

■リハビリの体制が充実した「介護療養型医療施設」
医療とリハビリの体制が万全の介護療養型医療施設(介護療養病床)は、重度の要介護者に対して、医療処置やリハビリを提供する施設となっています。医療法人が運営しており、看護師の人員が厚いため、インスリン注射、痰吸引、経管栄養といった医療処置はもちろん、食事、入浴、排泄など、日常生活の介護も行っています。病状が安定し、入院まではいかなくとも、自宅での生活が困難な高齢者が対象となります。

■リハビリ・機能訓練に特化した「民間の有料老人ホーム」
近頃は民間の有料老人ホームも、リハビリ・機能訓練に力を注いでいるケースが珍しくなく、それぞれの施設が機能の改善や維持に効果が期待できる、独自のプランを打ち出しています。民間の有料老人ホームで受けられるリハビリは、医療関係や機能訓練指導員などの専門家の指導を仰いでいる施設も多いですが、そこに独自のカラーも取り入れているのが特徴でしょう。そのため、入居者の方の状態と照らし合わせて、施設に問い合わせてマッチするか確認しましょう。

まとめ

有料老人ホームでも受けられるリハビリ・機能訓練は様々です。そのため、「リハビリの目的は何か?」というところをはっきりさせましょう。基本的な身体能力を維持・回復したいのか、まだ使える体の一部を活かしたいのか、手厚い方がいいのか、軽いものでいいのかなどによって、受けるリハビリ・機能訓練も異なります。

加齢による衰え、怪我や病気など、身体機能の低下の原因によっても、リハビリ・機能訓練のカテゴリーが変わるでしょう。目的や原因を整理することは、有料老人ホームを決めるうえで、重要なことです。

以上のことを踏まえて、各施設のホームページをチェックし、分からなければ問い合わせや見学などで確認し、候補を絞って入居者の方の状態との擦り合わせをしましょう。

有料老人ホームランキング!

商品画像12345
商品名コンシェール徳丸アライブ目白トラストガーデン本郷ウェルケアガーデン馬事公苑アリア等々力
入居時の要件原則65歳以上
自立、要支援、要介護
原則70歳以上
要支援、要介護
原則65歳以上
自立、要支援、要介護
原則65歳以上
自立、要支援、要介護
原則65歳以上
自立、要支援1・2、要介護1~5
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
有料老人ホームランキング!
アライブ目白の画像
アリア等々力の画像
記事一覧
【エリア別】おすすめ介護付き・有料老人ホーム3選